fv

スタッフブログ

2018年07月07日

LVL JWOOD講習会*;*.∴.✼

  1. LVL JWOOD講習会*;*.∴.✼

きょうは 7月7日 『 七夕 』ですね*;*.∴.✼


この地方の天候は回復傾向にあるようですが・・・


毎年感じるのは『七夕の夜のお天気は良くないなぁ・・・(´;ω;`)』



織姫さまと彦星さまが邪魔をされたくないのかもしれませんね*;*.∴.✼
(それなら仕方ありません(*^-^*))




そんなお天気の中ですが、昨日はIJS事務所2F 多目的ルームにて



総合建材メーカー WOODONEさんをお迎えしての『LVL JWOOD講習会』が開催されました*;*.∴.✼






ご存知いただいている方もいらっしゃるかと思いますが


多数の方の頭の上に 『LVLって・・・何??』が見えたような気がします(*^-^*)




はじめて『LVL』を耳にされる方や、これからマイホームをご検討されている方に


少し堅い内容かもしれませんが、最後までお付き合いをいただけたらと思います(*^-^*)*;*.∴.✼




現在の木造住宅の多くに使用されている『 集成材 』。


『 集成材 』とは、ラミナと呼ばれる挽き割った板材を接着剤で貼り合わせたもので


これを一本の柱や梁として構造躯体に使用しています。


上の写真は一般的な集成材を使用した柱の断面です。




いのうえ住宅産業の注文住宅、分譲住宅に使用している『 LVL JWOOD 』も集成材の一つです。





『 LVL 』は『 Laminated Veneer Lamber 』の略称です。



上の写真を見ていただくとおわかりになるかと思いますが


見た目が『バームクーヘン』みたい( *´艸`)*;*.∴.✼



挽き割った板材の厚みが4mmと薄いため、このように見えます(*^-^*)


この板材をしっかりと乾燥させ、含水率を下げた後に


それぞれの板材が強さのランク分けをされ、均一な強さになるよう合わせ、積層接着されています。




そのため、『歪み』に強く、木材の『やせ』にも強く、時間経過と共に起こる『反り狂い』にも強いのが特徴です!!


一本の柱のどこを切っても、同じ品質、強度になっています!!
(金太郎あめと同じですね(*^-^*))



もう一つだけ、お伝えしたいことがあります!!!


それは、『柱や梁の接合部の強化』です(*^-^*)


いのうえ住宅産業では『ノングラット構法』を採用しております。




木造在来工法の弱点とされる柱や梁の接合部を、金物で接合することで


在来工法の仕口や継ぎ手に比べて、木材の欠損が大幅に削減され、接合部の強化も実現し


施工品質の均一化も可能にしました*;*.∴.✼






マイホームの骨組みとなる『 構造躯体 』。


『骨』が歪んだり、折れてしまっては何十年と住み続けることはできません。


『家の中で見えない部分』かもしれませんが


一度みなさまにも見ていただきたい部分です*;*.∴.✼




IJS いのうえ住宅産業では、ショールームや分譲住宅商談会の場で


実際のLVL JWOOD模型にてご説明をさせていただいております(*^-^*)


お気軽にお問合せください*;*.∴.✼


最後までお付き合いをくださり、ありがとうございました*;*.∴.✼

資料請求・お問い合わせ

お電話での
お問い合わせはこちら

フリーダイアル0120-029-174
受付時間 9:00〜18:00(水曜日を除く)

LINE@での
お問い合わせはこちら

友だち追加

WEBからの
お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ

内覧会予約をする